COLUMN 担当プランナーが伝える結婚式のこと

2018年01月17日(水)

結婚式の招待状に、迷い・悩み・研究をしている皆様へ

INDEX

結婚式の招待状は、その結婚式の印象付けにもなる初めの入り口。

節約ができるという理由から、最近は、手作り招待状がとっても増えてきています。

手作りといっても、紙を買ってきて、表紙のデザインをして、レイアウトを決めてということではなく

台紙を選んで、参考テキストからお好み文章を選び、

家庭用プリンターで印刷すると出来上がりといった具合で、本当に簡単です。

 

また招待状が届いたところからゲストがワクワクしてもらいたいという思いを込めて
一般的な招待状(お手紙タイプ)ではなく、招待BOX(立体タイプ)もオススメしております。
結婚式の招待状は、その風貌から封を開ける前に「結婚式の招待状」とわかりますよね。
その期待を裏切るように、定形外タイプの立体BOXが送られてきて、

「・・・何だろう???」と疑問に思うでしょう。
そして、開ける時のワクワク・ドキドキがその結婚式の印象になります。
BOXの中には、ご招待カードの他、少しのユーモアと少しのこだわりが垣間見れるといいのではないでしょうか。
小さいこのBOXに何をどのように入れるかはお二人のセンス次第です。

 

ただ、一番最後はその方に心から出席して欲しいと思う気持ちが伝わる招待状にすることが重要かと思います。

綺麗な招待状に、多少ブサイクでも手書きで一言、「ぜひいらしてください!」などと書かれていると、

それだけで価値が上がります。

お客様が書き込み返信をする返信ハガキに

お二人のニコニコ笑顔の写真シールが小さく貼られてそこに吹き出しがあっても可愛いですね。

方法は様々ありますので、機械的に作ってしまうのではなく、

一工夫する検討もぜひしてみてください。

 

(画像はStyle Me Prettyより)

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

 

SHARE

SHARE

twitter facebook instagram line

関連コラム

問い合わせる
プランナーへの相談無料 03-6712-6203 03-6712-6203